めんせつにいく

私は歯科衛生士なのですが、
結婚し、愛知から岐阜に引っ越すのを
機に勤めていた歯科医院を退職してから
ずっと仕事から離れていました
いわゆる専業主婦になりました。

わたしは昔、山に登ったり、ジムに通ったり、
ゴルフ習ったり、乗馬習ったり、テニス習ったり、
1人旅したり…などなど
とにかく家にじっとしていないかんじでした。
しかし、色々やりつくした、というより自分の
向き不向きを見極めたんでしょう。
ある時点から家でひとりで過ごすことが
心地よくなりました。
もともと本を読んだり手芸事が好きだったことも
あったと思います

そのせいか、専業主婦という生活も
特に苦はないですし、3びきと濃く付き合えて
いいと思います。
そして専業主婦もやることがたくさんで、
不器用な私は仕事との両立は難しいと感じています
両立されているかた、そのうえ子育てもされているかた、
すごいです、尊敬します!

しかし、よく耳にする
社会から取り残されてる感じ。
も意識に薄く氷をはるように
でてきた気もします。

そんなとき、月に2~3回だけの
保健センターのお仕事のお話をいただきました。
3歳児歯科検診、1.6歳児歯科検診のお仕事です。
このくらいのペースなら私もできるかも、と
ありがたくお受けしました。

一応、市の公務員扱いになるそうで(ひょえ~)
市の採用の段取りとして、面接し、提出書類が
いろいろあるそうです。
今日は、その面接を受けてきました わぁ~(汗)

ほんの~り社会復帰でしょうか  ウフフ


そうた「ぼくたちのさんぽがへるのか?」
f0317997_15380423.jpg
減らしませんよ♪





[PR]
by ig-souta-2mdx | 2014-01-14 15:46 | かぞくのこと