べっきょきかんがありました つづきのつづき

すこし間があきましたが…
メロのお話の続きの続きです…。
f0317997_21510465.jpg

一緒に暮らし始めてメロはイチモくんに対して
吠える、唸るが激しくなりました。

それを嫌悪しはじめたイチモくん…

イチモくんは、犬好きではありますが、
人懐っこい犬、自分になついてくれる犬
が好き。という人なので、自分に対して
あからさまに警戒心まるだしで吠えてくる
メロが家にいる。というのが耐えられなくなって
きたようです。

ある日、「今日は実家に泊まるから。」と
電話がありました。
何故か?と聞いてみると、メロの吠える声が
聞こえる家に帰るのが嫌だ…。と言われました。

その日一晩中考え、とりあえずメロを実家に帰すことにしました。

結婚するにあたって、いろいろな覚悟をしました。
捨てなきゃいけないこと、諦めなければならないこと。
いろいろありました。
しかし、メロと一緒に暮らせなくなることは
覚悟のなかには入っていなかった…。

それを一晩で諦める覚悟をするのは辛すぎました。
しかし、結婚生活の平穏を選ばなきゃ、と
自分に言い聞かせました。

実家にメロを連れていく往復時間、ずっと
泣きっぱなしでした…
メロ、ごめんね とずっと言ってました。

朝起きたとき、メロはここにいたのに…。
と実家から戻り、メロのいない空間を呆然と
見渡したのを覚えています…。

ただ、イチモくんにはひとつ言い聞かせました。
うちの両親も高齢だから何があるかわからない。
何かあれば、アリスとメロの2匹も面倒みられなく
なるかもしれない。そうしたらどんなに嫌でも
メロは引き取らなければならないからね。…と。

イチモくんはその時は覚悟して絶対に引き取るよ。と
言ってくれました。


その「その時」はすぐにやってきました。

メロを実家に帰して半年後
母が脳梗塞に倒れました。

メロは再び私と暮らすことになりました。
私の勝手で振り回してしまいました…。
本当にごめんなさい…メロ。こんな飼い主でごめんね。


しかし、イチモくんもメロもしばらくの「別居期間」で
なにか覚悟があったのでしょうか…
以前とは距離感が変わった気がします。
こういうところが変わった!と言い表せないのですが…。
相変わらずメロはイチモくんになついてはいません。
しかし何となく違う、いえ明らかに違うのです。
私がイチモくんのメロに対する感情、
メロのイチモくんに対する意識、行動を
受け入れる精神状態になれたのでしょうか…?


こんなことを経て今の我が家になりました
f0317997_21511861.jpg







[PR]
by ig-souta-2mdx | 2014-06-02 21:53 | かぞくのこと